« 内藤選手、第3戦は4位に入賞! | トップページ | 複合競技に本県選手が!! »

2017年8月 6日 (日)

内藤選手が最長不倒賞!サマージャンプ第4戦

全日本サマージャンプ大会第4戦は札幌大倉山(ラージヒルK点120m)に舞台を移して行われました。 この日は試合開始時より風の強弱が目まぐるしく、上位選手の飛びすぎを防ぐため低いゲートに設定され、風の当たりはずれに選手達は苦しみました。内藤智文(ともふみ)選手(古河市スキー協会)も1本目は風に恵まれず、105m、13位と厳しい出だし。
 しかし、2本目で見事に風をつかみ134mのビッグジャンプを見せて、連日の4位入賞をつかみました。そして、自身初の最長不倒賞(その試合で一番遠くへ飛んだ選手に与えられる賞)を獲得しました。
 優勝は小林陵侑(土屋ホーム)、2位伊東大貴(雪印メグミルク)、3位伊藤正将(北野建設)。

※第4戦は、8月5日に行われました。第5戦は翌日の8月6日に行われました。7位でした。
次回シリーズは、8月26日(日)新潟塩沢、9月3日(日)新潟妙高高原での試合となります。
応援よろしくお願いします。(内藤選手のお父様より)

Fotor_150191946635237

Fb_img_1501919716499

« 内藤選手、第3戦は4位に入賞! | トップページ | 複合競技に本県選手が!! »